本文へジャンプ
女性のミカタ.jpトップページ > 「女性のミカタ」プロジェクトのご紹介

「女性のミカタ」プロジェクトのご紹介 「女性のミカタ」プロジェクトのご紹介

女性は閉経を機にさまざまな病気にかかりやすくなります。
これらの病気は、自覚症状がなく気づきにくい、恥ずかしくて相談しづらいなどの理由により、知らないうちに進行し、健康的な日常生活を阻害してしまうことがあります。
「女性のミカタ」プロジェクトは、女性がかかりやすい病気を早期に見つけ出し、早めに治療することで、今と将来のあなたの健康を守るプロジェクトです。

-WOMEN'S HEALTH- 女性のミカタ PROJECT 10年後も元気な私でいるために

「女性のミカタ」プロジェクトの目的

2010年の統計によると、日本人女性の平均寿命は86.4歳で、世界最長を誇っています。
しかし、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義される健康寿命は73.6歳。その差は約13年です。つまり、女性は、人生の実に「7分の1」にも及ぶ期間を、健康上の問題で日常生活が制限される状態で過ごしていることになります。
この平均寿命と健康寿命の差を1年でも短縮し、女性のみなさまにいつまでも健康で生き生きとした生活を送っていただきたい、それが「女性のミカタ」プロジェクトの目的です。

「女性のミカタ」プロジェクトの目標 女性の「平均寿命=健康寿命」を目指して

「女性のミカタ」プロジェクトの活動

「女性のミカタ」プロジェクトでは、女性の健康寿命延伸を目指して、医療機関(病院や医院、クリニックなど)を対象に、女性のみなさまが気になる症状について相談しやすい環境づくりを提案しています。
具体的な活動内容は、女性のみなさまにチェックしていただくための「気づかれにくい2大疾患チェックシート」や「女性のミカタ」小冊子の配布、「女性のミカタ」プロジェクト参加施設であることを示す「女性のミカタ」ステッカーの掲示などです。
「女性のミカタ」プロジェクトに施設登録をしている医療機関はこちらからご覧になれます。

当施設は、女性の健康を考える「女性のミカタ」プロジェクト参加施設です。 -WOMEN'S HEALTH- 女性のミカタ PROJECT 10年後も元気な私でいるために

このステッカーが貼ってある施設は「女性のミカタ」プロジェクト参加施設です。
これらの施設は、女性の「今の健康」はもちろん、「将来にわたっても」それを守ろうとしている医療機関です。
気になる症状があればお気軽にご相談ください。